自営業者・経営者に求められること

MENU

展望

自営業者であっても中小企業の経営者であっても、借入を申請するにはそれなりの展望を示せないと融資が通らない可能性があります。

 

しっかりとした事業計画をもっているかどうか、ということです。融資をする側にしてみれば、大した事業をする当てもないところにまとまったお金を貸し付けることなど、危なっかしくてなかなかできるものではありません。

 

借入したお金を元手にどういった事業を展開し、いつぐらいまでにその事業を具現化し、利益を出せるようにしていくのかといったビジネスプランがしっかりしていないと、結果的に貸し倒れを起こしてしまうかもしれないのです。

 

そのような危険なにおいがする相手にやすやすとお金を融資することはしたくないと思います。

 

個人事業者も中小企業の経営者もしっかりとしたビジネスプランを立てることができる人でないとだれからも信用を得ることはできません。そうしたビジネスプランを見た審査担当者が唸るようないいものであれば、融資希望額を取りつけることは可能でしょう。

 

しかし「こんなプランだとうまくいかないんじゃないかな」と思われる内容であればすぐに融資は却下されるのがオチでしょう。

 

ビジネスプランをしっかりと構築できて、融資担当者を口説き落とすだけの魅力を経営者や自営業者は持っていなければなりません。小さな事業を展開していますのでその金額は小さいものでしょう。

 

その小さな金額しかできないはずなのに「こんなプランならもっと稼げるかも」とだれもが思うような展望をしめせることができれば融資は確実になるでしょう。