借入につて

MENU

短期借入と長期借入

借入はその返済期間によって大きな違いがあります。返済期間が一般的に1年弱の借り入れのものを「短期」と呼びます。

 

事業関係のための借入の場合、短期借入は業者間もしくは銀行手形決済の期間が3カ月ほどかかりますので、その間の運転資金が足りなくなった場合などに借入することが多いようです。

 

もちろん他の理由もあるかとは思いますが、決済するまでお金がないのは事業者にとっては頭痛の種なのです。

 

この短期借り入れに対して1年以上の借入を「長期」といいます。長期借入の場合、その目的は設備投資などが多く、事務所の内装を変えたり高額な機械を買ったりする時などに使われるようです。

 

このように短期と長期の借入がありますが、それぞれ目的が違います。

 

短期借入と長期借入では返済期間が違うのですが、その返済期間のために借入で最も気になる金利が大きく違ってきます。短期借り入れの方が金利は一般的に低くなります。

 

長期借入を利用すると金利が高めですので、返済の期間中に金利に変動があったりすると「借り直し」という手法を使って金利圧縮をすることも間々あります。

 

このように借入の返済期間を選択するだけで金利の部分に影響します。したがって不必要に長い時間お金を借りる必要があるかどうかをしっかりと検証しなければ損してしまいます。

 

また短期借り入れはかなり頻繁に行われることがありますので、年間の会社の決算書から短期借入金の項目から何年もの間、数字がなかなか消えないこともあります。