自営業者がお金を借りる場合

MENU

総量規制外

自営業者がお金を借りたいといった時、借入の知識なども非常に乏しい方も多くいらっしゃると思います。そうした人たちにコンサルティングをしながら融資を斡旋しているのが街の信用金庫のような小規模金融機関です。

 

その金利は銀行ですから基本的に政策金融公庫から借りるよりも高くなりますが、そうした金融機関の営業さんの頑張りで地場の小規模事業主さんは安心して融資を受けているようです。

 

こうした金融機関なり、地域商工会などの経営指導を受けていれば資金繰りなども相談に乗ってくれるので、大きな失敗をすることもないかと思います。

 

しかしながら、そうした機会を得ることがない小規模事業者の人も多くいます。こうした方たちはわりとルーズな借り方をしている人が多いそうで、消費者金融やカードローンをバンバン回していることもあるようです。

 

このような借り方をしていて、幸いにも商工会などの経営指導員と出会えると「マル経融資」で行きましょうといったガイドをもらえます。

 

しかし消費者金融やカードローンなどを借りまくっていた人は、そこまで気づかない人の方が多いかもしれませんが、総量規制の心配があるかもしれません。

 

そういった経営指導をしてくれるコンサルティングの方ならば確実に事業者登録をしっかりと進めてきます。事業者登録をしておけば、税金をしっかり払わなければなりませんが、個人的な借入とは別に事業者として借入ができるようになるのです。

 

個人では総量規制で年収の3分の1までと借り入れ制限されてしまいますが、事業者としての借入は総量規制の欄外になります。