借入について

MENU

審査

お金を借りる場合、ほとんどの場合銀行や消費者金融会社からの借入になります。この時「お金を借りたい」という一言でお金を貸してくれる所は一軒もありません。

 

大切なお金を貸し出すのですから、借り手がどういうことに使いたいのか、支払能力はあるのか、また場合によってはそうしたものがダメでも代替えの金目のものをもっているのか、などを理解しないとお金を貸し出しません。このように金融機関から借手が調査されるのを「審査」といいます。

 

金融機関の審査はかなりシビアに行われます。「貸すのは構わないが、戻ってこなかったら大変なことになる」というリスクを抱えなければならないのです。

 

金融機関の審査で一番気になる部分は「安定収入を持っているか」ということです。事業資金でお金を借りたとしても、その会社なり個人なりに返済するための算定的な収入がなければ金融機関としては貸しにくくなります。

 

もし遊び人で安定収入のない友人から「お金を貸して」と頼まれてもお金を貸しませんよね。これは極端な例ですが、銀行も同じことを考えているのです。

 

最近総量規制が厳しくなり、年収の3分の1までしかお金を借りられないことになっています。しかしこの総量規制はあくまでも「個人的な」借入に対しての話です。

 

事業主や会社経営者が資金を借り入れる場合はこの年収3分の1にはあたりません。事業資金としての借入は会社の決算書にあらわれますので、別口扱いとなるのです。

 

ですから個人的な借入と分けて考えてもいいようです。