自営業者がお金を借りる場合

MENU

設備投資の借入

自営業者のような小規模事業者でもお店や工場を持っていることが多いです。お店や工場を購入したり改装したりするとかなりのまとまった金額が必要となります。
「あまり借金をしたくない」と考える人が普通だと思います。したがってそういった方は最初の一歩を踏み出すことができずもんもんとした日々を送ることになってしまいます。

 

チャンスがあると思ったらすぐにでも行動に移さないと先に進めません。かといってそういった設備を整えるための資金が手元にない、というケースはよくあります。

 

こういった状況のために設備投資用の借入ということができるのです。

 

設備投資用の融資の場合、その金額が通常運転資金よりも大きいため、長期の借入となることが多いです。長期借入になると短期資金借り入れに比べ金利が高くなりますが、まとまったお金を手に入れるにはこうした方法以外なかなかないのです。

 

たまに才能のある人がいて、多くの人に出資を募って返済期間に制限のない資金調達をできる人もいますが、よっぽどの人でないとそんなにうまいことはできません。
設備投資用の大金はやはり銀行や政策金融公庫に頼った方がよいかと思います。自営業者のような小規模事業者は特に政策金融公庫に聞いてみるのが一番です。

 

政策金融公庫は設備融資の枠も設けていますので、もし審査を通ることができれば今の金利で2%弱暗いです。

 

このような低金利にアクセスできるのは、自営業者のような小規模ビジネスに従事している方の特権です。