経営者がお金を借りる場合

MENU

経営者の個人信用情報

経営者は会社が苦しい状況にあれば何としてでも立て直そうとすることでしょう。この時に会社名義ではこれ以上の借入が難しい状況のはずです。

 

それでも借入を考えるのであれば経営者個人の名義で借入を模索するはずです。しかしこうしたことが慢性化した場合どのような影響が起きるのでしょう。

 

経営者が個人名義で借入をどんどんしていけば個人的な債務がどんどん膨らみます。経営者が債務で苦しんでいる状況で、その経営者が運営する会社はどういうことになるでしょうか。

 

間違いなく信用を落とすことになります。金融機関は融資をしている会社の債務情報を常に収集しています。会社の財務状況と経営者の財務状況全てにおいてチェックしています。

 

こうなると会社は何とか持っている状態でも、経営者が火の車都いう状態では経営者と会社そのものに対する信用はガタガタになってしまうのです。

 

このような状況に陥ってしまうと会社が追加融資を行うにもなかなか認めてもらえないでしょうし、返済のスケジュールを再調整することもできますが、こうしたことの対応も金融機関は厳しくなってくるでしょう。

 

会社を経営する立場であれば経営者の資質が求められるわけです。金融機関は小規模な中小企業の会社は、イコール経営者と見なしています。会社の安定性はほとんどないのが中小企業です。

 

自信をもっていても金融機関はそういう見方しかしていません。したがって経営者の個人信用が全てを決めてしまうといっても過言ではありません。