自営業者がお金を借りる場合

MENU

決算書

自営業者が融資借入を申請する場合、必ず提出しなければならないものがあります。それは、前年度の決算書です。

 

融資貸し出しをする金融機関は必ず査定をします。この査定は「本当にこの事業者にお金を貸しても、返済期間を守って金利をつけて返してくれるかどうか」ということが一番の関心ごとです。したがって融資するかどうかを決断するために、その事業者の前年までの決算を確認したいのです。

 

その決算書は事業者の“健康診断書”のようなものになります。したがって、融資を申し込んできてもその事業者に“ガン”が見つかればお金を貸せないということになってしまいます。

 

ですから毎年の決算書を見栄えの良い内容にできるよう日夜頑張らなければならないのです。

 

私の友人で長いことサラリーマンをやった後脱サラして自営業者になった人がいます。彼は「自営業になると税金をごまかすことができるからいいよね」とよく話していました。

 

確かに大なり小なり申告内容を操作する人がいるとは思います。しかし大々的にそうしたことをすると決算書の内容がとても貧弱になってしまい、いざ融資を頼もうといった時になかなか審査を通すことができなくなってしまいます。

 

案の定その彼は融資を断られ、仕方なくサラリーマン時代に貯めたお金を利用してビジネスを続けています。しかしそれでも構わないのですが、自分のお金をビジネスに回していると、自分のために使えるお金に制限が出てしまいます。

 

したがって事業に賭けるお金は外部から引っ張ってきた方がよいかと思います。特に今の金利であればなおさらです。