経営者がお金を借りる場合

MENU

経営者借入金

中小企業の経営者が、会社の経営状態がよくない場合に経営者個人名で借入をするケースもあります。

 

個人的なかりいれであれば会社の経営状態とは一線を画すことができるからだと思うのですが、個人的に借入をすると経営者はその債務を個人的に返済していくということになります。会社で苦労して個人でも苦労するという状況に陥ってしまうことになってしまいます。

 

さらに個人的に借入したお金を会社に経営者借入金という項目にいれると、結果的に会社は債務負担増になってしまい、さらに経営を悪化させることになってしまいます。

 

これを改善するには経営者が会社に対する債権を放棄すれば、会社は一転して債務免除益が発生したことになり、赤字を縮小することができます。しかしながら、経営者個人の借入は外部で残ってしまいます。

 

このように経営者が犠牲になって外部から個人名義で借入をし、その融資で会社の補てんをすることによって会社が正常になっていけば大成功となります。

 

しかしながらたいていの場合、会社は相変わらず浮上のきっかけを作ることはできないケースが多いようです。

 

こうなると経営者は会社からの収入にも不安を抱え、収入が途切れてしまった際には外部で個人的に借入した債務返済にも支障が出てしまいます。こうなると最終的には自己破産に追い込まれてしまうかもしれません。

 

このような状況に陥らないためにも他の借入のチャンスや、それでもだめならば各種自治体の補助金などをあたってみるのも妙案かと思います。