借入について

MENU

借入とは

以前に比べて金利がだいぶ安くなってきましたので、お金を積極的に借りるのは今の時代ではとてもいいことなのかもしれません。

 

しかしお金を借入するということは、お金をもらえるわけではありませんので、きちっと返済しなければならないのです。返済をするということは、借りたお金を元手にしっかりと事業を回して営業得利益を作っていかなければならないということです。

 

営業利益さえでればお金の返済はできます。しかしながら今の景気で事業計画を推し進めていってもそう簡単には思った通りに儲けることはできないのが現状なのです。

 

それにしてもこの低金利の時代であればお金の借入というのは非常に魅力的です。どんな事業をするにしても“元手”というものは必要です。よっぽどお金持ちのスポンサーが周りにいない限り、まとまったお金を極めて簡単に手にするにはどこからか借入するほかないのです。

 

そうした時のために銀行であったり消費者金融や国の政策金融公庫があるのです。

 

低金利を利用して借入を進めるのはいいことだと思いますが、借りたお金は金利をつけて返さなければなりませんので、事業計画がしっかりしていなければなりません。計画がしっかりしていることで返済計画もしっかりするのです。

 

中途半端な計画で借入をした場合、返済に行き詰ってしまう可能性があります。返済が行き詰ると信用がなくなりますので、将来万が一の場合には完全に借入などできなくなってしまいます。

 

借入は「金利をつけて返してくれるだろう」という信用の上に成り立つのです。