借入先

MENU

審査

銀行、消費者金融、政策金融公庫すべてに共通して言えることは、審査が結構厳しいことです。

 

特に小規模事業者が借入申請をしてこの審査を受ける場合、そうした金融機関からしてみれば小規模事業者の“不安定さ”がどうしても目についてしまうからでしょうか。

 

小規模事業者は通常担保物件なども貧弱ですから、他に差し出すものがなかなかない状況の場合が多いようです。こうなると金融機関も困ってしまいます。

 

勘違いしないでもらいたいのですが、いくら小規模事業者が不安定だからといってそうした金融機関は最初から門前払いをするようなことはしません。

 

なぜなら金融機関はお金を貸さないと儲けることができないのです。したがって目の前に飛び込んできたお客さんがいるのに最初から断るなどということはしないのです。

 

実際に審査をしてみていろいろな問題点が出てきてもそうした金融機関はなんとか妥協点を見つける努力をするものなのです。

 

したがって審査で問題のあるお客さんが「300万円借りたい」と言っているところを「100万円ではどうでしょう?」と妥協点を探し始めるのです。もしそれでも希望額すべてを借りたいと主張するのであれば、担保になりうる物件をチェックします。

 

そこでも望みが薄いのであれば保証人を明記するようにさせます。そしてその連帯保証人の方もチェックをするという念のいれようになります。

 

金融機関はお金を貸さないと儲けを作れないビジネスですのでなんとかお客さんにお金を貸すことができないか模索してくれるものなのです。