借入先

MENU

銀行

事業を営んでいる人が借入を申し込む先は、一般的に銀行、消費者金融、もしくは政策金融公庫あたりではないでしょうか。

 

銀行は昔から事業向け融資を中心にしており、消費者金融はどちらかというと個人向けの融資が多いようです。最近金融業界が再編されたこともあり、それまでのイメージに多少変化があるようですが、やはり事業向け融資といえば最初に頭に上ってくるのは銀行でしょう。

 

銀行は昔から事業者向けの融資を専門に取り扱ってきていました。その融資の金利と銀行自ら中央銀行から借り入れている公定歩合との金利差が銀行の儲けとなっています。

 

個人向け融資だと金額が小さいからか、長い間銀行はあまり積極的ではありませんでした。しかし、1990年代後半に起きた北海道銀行の倒産などで、ほとんどの銀行が方向転換したようです。

 

銀行が倒産したのは、土地の売買で大もうけをしていた法人などの大口貸付先が、バブル崩壊で急落した土地価格のあおりで売却できずに現金がなくなったため、融資をしていた銀行にお金が戻ってこなかったためです。

 

「焦付き債権問題」ということばが飛び交っていた頃の話です。これを教訓に大口貸付先だけでなく小口貸付先も視野に入れるようになり、銀行は消費者金融などと提携したり、買収したりするようになったのです。

 

銀行から借入を行う場合、一般的に金利は消費者金融よりも低めですが、審査が厳しい上に提出書類も多いです。さらに審査に時間がかかるようです。ですからみな金利面で銀行に融資を申し込みますが、断られた人たちが消費者金融に流れるのが一般的な構図です。