経営者がお金を借りる場合

MENU

貯金をつぎ込む経営者

小規模中小企業の経営者によくある話です。事業がなかなかうまく回らずパンパンに借入をしている状態で、これ以上融資は期待できないという状況の経営者のことです。

 

一生懸命会社を立て直そうとしているのですが、これ以上の追加融資はムリということで、たいていの経営者は自分の貯金や財産を会社に投じてしまう人が多いようです。

 

これで会社がもし立て直せなかった場合は目も当てられないことになってしまいます。

 

しかしながら個人的に財産を投じてでも会社を守ろうとするのが経営者の性というものなのでしょう。実は個人財産でも会社に投じたお金は会社の“借金”となります。

 

もともと会社の財務状況が悪くなっているところへ、経営者とはいえ個人の財産が会社の財務表に入ってくるのですから会社の負債額は大きくなります。この努力を無駄にしないためにも経営者に債権放棄してもらうのが一番です。

 

会社に対して経営者が書面にて債権放棄の手続きをします。

 

そうすることによってかいしゃには「債務免除益」という項目で経営者の投じた金額が会社の赤字を補てんすることになり、うまくいけば債務がなくなるかもしれません。
このような状態にしてから再度外部に借入の申請をすれば、会計上健全な状態になっている会社ですから借入申請が通る可能性が高くなります。

 

まさに「私財を投げ打って」の経営となりますが、会社の存続には十分つながります。がむしゃらにお金をつぎ込むとどこの科目に振りいれるのか分からなくなってしまいます。

 

このような状況に面したら会計士に相談するのをお勧めします。